『多動力』 堀江貴文

僕は昔からホリエモンのリベラルでフラットで現代っ子っぽい感じが結構好きだった。久しぶりにホリエモンの本『多動力』を読んだが、良著! ビジネス書としても有効だけど、人生論としても読む価値がある。 「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なるこ…

『見上げれば通天閣』 福本伸行

『熱いぜ辺ちゃん』もハートフルだが、『見上げれば通天閣』もそれに負けないぐらい、或いはそれに勝る3丁目の夕日(笑)今風に言えば「優しい世界」だろうか。小学校の先生と子供とのふれあいがテーマです。驚くほど普通に良い話群となっています。1冊で完…

『熱いぜ辺ちゃん』 福本伸行

アカギやカイジで有名な福本伸行。知られざる名作、『熱いぜ辺ちゃん』をご存じだろうか?福本伸行は今でこそ夢も希望もないウシウシした世界を描いているが、昔はド直球の人情味溢れるヒューマンドラマを描いていたのだ。『銀と金』を描かせるまでに作者に…

『社長の手帳』 佐藤満

『出世の法則』は酷評してしまったが、佐藤満先生『社長の手帳』は良かった。 ホンダ、トヨタをはじめ多くの成功者や思想家の箴言的なものを集めて先生から一言コメントって感じなんだけど結構幅広い業界から言葉を集めているしいずれも本質的でよい。ビジネ…

『出世の法則』 佐藤満

捨てられそうな本をもらってきて積読していた本。意を決して読んだが、内容が薄い。他人のせいにして腐っていても何も良くならないから、環境の不遇等も自己責任論で回収してしまって高い意識で生きれば成功するという論旨だが、そんなことは今や誰でも知っ…